栗の渋皮とは

栗の一番外側を覆っている硬い皮を剥くと表れるのが「栗の渋皮」です。

渋皮が持つと言われている効果

栗の渋皮には、ポリフェノールが含まれています。

抗酸化作用があると言われ、老化防止やガン予防に効果があると言われています。

また、栗の渋皮には、シミの原因ともなるメラニンの生成を抑える働きもあります。

さらには血糖値の上昇を抑える効果もあり、ダイエットや生活習慣病の予防にも役立つとされています。

ポリフェノールとは

ポリフェノールとは、植物が自身を活性酸素から守るために作り出す物質で、抗酸化物質の代表です。

数千種類以上もあると言われていますが植物に広く分布し、子孫を残すための種子や、紫外線による酸化ダメージから守る必要がある葉に特に多く含まれます。

ポリフェノールを摂取することで血圧低下動脈硬化予防アレルギー緩和脳の活性化美容効果など様々な効果が期待できると言われています。

栗の渋皮の渋味を取ってポリフェノール量を増やすことに成功した製法

弊社では、様々な実験を繰り返し、一定の品質を保持できるノウハウを確立致しております。

適当に焙煎や中和、乾燥を行っても安定したポリフェノールを抽出することは出来ません。

どの温度で、どの湿度で、そして時間を綿密に管理し、その都度、各研究機関において数値を計測し、間違いなくポリフェノールが含まれるという確固たる数値を叩き出しております。

更に、ではこの栗の渋皮パウダーをどの様に利用するのかということにおいて、もんぶ卵(商標登録出願中)の開発にも着手致しました。

具体的なノウハウは、ホームページ上では公開できませんが、卵を産む親鳥のエサに、弊社の商品をどの位の割合で混合すれば、卵にどれ位のポリフェノールが含まれるのかを実験、研究致しました。

この膨大な実験、研究データから、食品全般に応用できるノウハウを確立致しております。

御社が扱う商品の付加価値を上げ、ブランドとしての地位を確立するためにお役に立てると自負しております。

現在は、静岡県のお茶産業に着目し、栗の渋皮で健康に良いだけではなく、美味しいお茶の開発も大詰めを迎えております。

弊社、ホームページでご興味がございましたら、遠慮なくお問い合わせ、もしくはお電話でのご連絡をお待ちしておりますので、宜しくお願い致します。