愛媛大学の研究について

愛媛大学との共同研究成果を利用し、日本ユニプロ株式会社が開発した愛媛のブランド卵”もんぶ卵”(商用登録申請中)を販売しております。

栗の果肉付き渋皮飼料を親鳥のエサにする事により、卵に多くのポリフェノールが含まれる事に達し、商品化致しました。

ポリフェノール含有量等データ

全てのデータを公開することは避けさせて頂きますが、一部を公開させて頂きます。

これにより、弊社のノウハウに依る栗の果肉付き渋皮の良さをご理解頂けると幸いです。

栗渋皮エタノール抽出物のIgE産生抑制効果

栗渋皮水抽出物のマクロファージに対する効果

正確なデータ分析資料は数多くありますので、是非、お問い合わせ下さい。

松山大学 薬学部による試験実施報告書について

栗の果肉付き渋皮パウダーのポリフェノール分析を松山大学 薬学部にて行って頂きました。

こちらは、成分組成等、具体的な物質、どの試験方法を行ったかの資料も全て揃っております。

徳島大学 薬学部 生薬学研究室の資料について

弊社が、栗の渋皮に含まれるポリフェノールに興味を持った文献を取り寄せております。

薬学博士 村上教授の研究において

  • 栗の歴史と薬用効果
  • 栗の渋皮について
  • 栗の渋皮を食品に添加した加工について
  • 果肉付き渋皮を他の生薬へ添加する食品効果について
  • レイシの効果について
  • 青汁の効果について
  • 栗の渋皮に他の生薬を混合する意味

等、既に、弊社が望む研究が行われていたので精査し、更に地元の大学で研究した結果、商品化に成功しております。

村上光太郎教授は、生前に多くの著書もありましたので、ご紹介させて頂きます。